アパレル業界の就職状況 ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > アパレル業界の就職状況ホーム > アパレル業界就職 > アパレル業界の就職状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アパレル業界の就職状況

アパレル業界の就職状況について書いていきます。
前回のブログから随分間があいてしまいました。今回はアパレル業界の就職状況についてです。

はっきり言って最悪です。自分は10年前の就職氷河期というのを味わっているのですがそれ以上?かもしれません。
この10年で社会もアパレル業界も随分変わりました。当然不景気が原因ですが・・・・・・

10年前はそれほどファストファッションが盛んではありませんでした。
まだ中国製品が主流の時代では無かったですし、当時服飾専門学生だった自分としては雑誌等では裏原ファッションが流行って雑誌の威力もまだありましたね。

まだ高い物が売れたのです!! 東京コレクション系のデザイナー物もまだ人気があったと記憶にあります。

ですが今・・・・・・

ファストファッションが主流になり安いものしか売れない。作り手のこだわりが消費者に届きずらい状況・・・・

まぁコストがかかりますから物作りにこだわれなくなりましたよね。

まぁあとは一番の問題は世の中のファッションに対する憧れや気持ちも変わってきてしまいました。

無理して高いデザイナー物を着るという若者の姿は少なくなりましたね。他に楽しい物がいっぱい増えた世の中だからでしょうか

ファッションより家電の方が夢を与えられる世の中なのかもしれませんね(笑)

おしゃれ着から工業製品に変えてしまったユニクロ・・・・・・

否定する気はありませんがちょっと残念ですね。

話がそれてしまって申し訳ありませんがアパレル業界の就職の現状ですが

上記の通りかなり厳しいです。まぁもっとも販売員等を希望する方はショップ自体はそんなに減ってはいないので受け皿はあるでしょう。

ただ・・・・・・・

スタイリストについては前の記事で書きましたが
デザイナーやパタンナー等の技術職の採用については多くの企業で未経験者を取らない!!というスタンスが続いています。

これは自分が就職した7年前とも同じスタンスですね。その間に一時期、若い血を入れようという動きが一部であったのですが2年前のリーマンショック以降その流れも途絶えてしまいました。

技術職に関しては転職歓迎?のような職種です。年配のデザイナーさんやパタンナーさんに何社目??と聞くと

8社目(笑)とか普通に聞きます。

前はよく3年ごとに違うテイストの会社に入ってスキルをアップ+お給料もアップのような流れが一般的でしたが

今はそれも厳しくなっているようですね。

前述のようにお給料が多く出ていた単価の高い日本のブランドがかなり全滅に近い感じですからね。

まぁ転職組は正直、お給料さえそんなに望まなければ仕事先はいっぱいあります。年齢は若い方が良いですね。

30代前半の経験者は業界では一番必要とされているのでおそらく仕事先には困らないでしょう。

ですが未経験者・・・・・・・及び新卒。

大手じゃないと採用しないところがほとんどです。

じゃあいったいどこで経験つむの??って話になってきます。

その答えって出ないんでしょうね・・・・・・・・・

厳しい世界です。運も必要かもしれません。ですが学生の方は自分を信じて努力を続ければ結果は出ます。

技術職は技術の蓄積なので必ず身になってきます。それは面接の時でも話していればわかります。

ちなみにパタンナーの面接では(新卒の場合は特に)作った作品持参というのが定番です。言われなくても持っていくのです!!

パタンナーの場合は実技試験というのもあるところはありますね。

デザイナーの場合は次シーズンのマップを作っていったらかならい評価は高いでしょうね。間違っても一人よがりなデザイン画を持っていかないように!!(笑)←(デザイナーズブランドの面接ではこの限りではありませんよ)

企業がデザイナーに期待していることはいかに売れるデザインを作るか!! それしかないと自分も思います。なので未経験の状態で市場を意識したマップを持っていくと評価はおのずと高くなっていくでしょう。

デザイナー志望の方もアパレル業界のデザイナーは感性だけでは勝負できません。はっきり言ってそれ以外の知識だったり行動力の方が重要かもしれません。

なので学生の間に洋服の知識を詰め込むのも必要かもしれませんね。

長くなりましたが今回はこの辺で。

ちなみにハローワークのアパレル技術職の有効求人倍率が0.2?とかだったそうです・・・・・


[ 2010/10/03 14:31 ] アパレル業界就職 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。