違うブランド(ショップ)で同じ商品が売られている謎 ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 違うブランド(ショップ)で同じ商品が売られている謎ホーム > 洋服の裏話 > 違うブランド(ショップ)で同じ商品が売られている謎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

違うブランド(ショップ)で同じ商品が売られている謎

よく?たまーに違う会社のお店のはずなのになーんだかよく似てる?っというかネームだけ違って素材もデザインもまったく同じ商品って置いてありますよねー
あれの謎に迫ってみたいと思います。
実はあれっていろいろ理由があるんですが。
ホントに同じ場合が多いです(笑)
特にその置いてあるお店の会社の自社で生産を行っていない場合に多いですね。
つまり製品の仕入れをしている場合です。
形態としては買取、委託、OEM(また詳しくはそのうち書きます 汗)
様々ありますが卸しているメーカーが同じことがある。
つまりそのメーカーは同じ商品で複数の販売店と取引をしていてそのお店用にネームを付け替えて生産するということです。
このようなやり方は昔はもっと多かったですね。今も多いですが・・・・・・
比較的ヤングのカジュアルのお店に多いですね。
販売店側としては安い物、カットソー等には目をつむることも多いですがこのバッティングを敬遠している会社も多いですね。例えば全くダメ!!とか同じファッションビルや建物内の競合ショップには置かないで!!とか値段は同じでお願いします!!とか条件が様々です。
 もちろん素材を変えて作るとなるとそんなのはほとんど文句を言われません。
このバッティングはだまって入れちゃうメーカーも多いので問題になることもあるようですね。

セレクトショップのビック3(笑)でもたまーに同じ商品見ちゃいますよね~♪♪
昔はメンズのシャツとかほんとに多かったです。値段も同じ素材も同じってのが


あと他にも一つ大きな理由として事実があるのです。

簡単に言ってしまうとパクリ!!
パクリと言っても万引きじゃありませんよ~(笑)
えーとアパレル業界では日常茶飯事のデザインをパクるということです。
ホントに多いです。
 例えばよくあるのが営業さんが他のショップで売れているものを見つけてきてこれと同じものを作れ!!とかってのが多いですね~
まぁプライドのあるブランドとかですとちょっと変えてみたり素材を変えて形はいかす!!等でしょうが全く同じ生地や似たような生地を見つけてきてその製品をサンプルとして購入してパタンナーに渡しパターンすらもパクってしまう。
これは結構大道かもしれません・・・・・・・
 これも先程のと同じで全く同じ商品にしてしまうとクレーム等問題になってしまうこともたまーにあります。

まぁ上記の2つの理由が大きいですかね~
少し謎が解けましたでしょうか♪
[ 2009/11/09 00:35 ] 洋服の裏話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。