アパレル(技術職)の就職活動 ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > アパレル(技術職)の就職活動ホーム > 未分類 > アパレル(技術職)の就職活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アパレル(技術職)の就職活動

今回はアパレルの就職活動について簡単に書いていきますね。
技術職、ここではデザイナーやパタンナー職の就職活動について書いていきます。

基本的には新卒の話ですね。

アベノミクスで経済成長が伸びていると言われる昨今ですが

アパレル業界の景気はどうなんでしょう?

全体の大きな数字を見てると上向きかもしれませんが

感覚値だとちょっと微妙な感覚しかしません。残念ながら・・・・


っでアパレル企業の中でも大手さんなんかは毎年一定数の技術職の募集をしています。

もうこの時期だと終わっているところも多いでしょうが。。

専門学校にもよるんですが

何故か服飾専門学校って学校として就職活動に注力しない雰囲気のところが多いんですよね(笑)

学校によってはもちろん力を入れているところってあると思いますよ。

ですけど他の分野の専門学校はやはり学校の就職率を上げる為に必死で

学生の就職活動を後押しするといった風潮がある業界が多いようです。


まぁよくも悪くも服飾の自由さという感覚なのかもしれませんけどね・・・・・

ちなみに個人的には

興味もあんまり無い服種のブランドへの就職活動は辞めておいた方が良いかな?という印象です。

『そんなことはない!経験を少しでも積む為に趣味じゃ無い会社でとりあえず就職するんだ』

っといった意見の方もいらっしゃるでしょう。

まぁどっちも正しいとか正しくないという問題でも無いような気がしますが。


特に技術職の方で興味の無いブランドにとりあえず就職してしまった人は

嫌になっちゃって別な仕事をしだす方が多いような気がします・・・・・

中にはそうじゃない人もいるかもですが

20代の吸収しやすい時期に全く趣味じゃないブランドに入るのはその後の成長を阻害するかな?

といった印象です。

すぐ辞めるなら問題ないと思いますけどね。


個人的な意見ですが・・・・


まっとは言え完全に自分の趣味の会社に就職できるかというと中々難しいのも現状。。

特に大手以外は新卒で技術職の募集をしているところは数が少ないです


自分なりに戦略を持って就職活動をするのがポイントです!

技術職の場合は契約社員の採用の場合が多いです。

そもそもアパレルの技術職でずっと同じ会社で定年まで働くという方は極めて稀。。

っというか聞いたことが無いくらいです。


ですので自分なりのビジョンを持って就職活動をしましょう。


1 大手で許せる服種のブランドに応募

2 無名の会社だが経験を求めて応募 → 3年ほど働いて転職活動しよう


2番とかは自分の中でこっそり思っておくと良いです。

誰かに言ったら急に怒り出す人もいますからね(笑)

はっきり言ってアパレル業界の内部は完全なサラリーマン社会です。

外から見るよりもずっと体質が古い業界ですね。

その中で技術職の方は少し異質ではあるんですが社内で権力を持っているのは営業職上がりの

サラリーマン部長、

デザイナーさんが経営者になっている会社はまたちょっと違うこともあるんですが・・・・


何が言いたいかと言うと

技術職の場合は別に会社の為にという精神にどっぷり浸からない方が良いかなという印象です。

どっぷり浸かってもあまり良いことは無いでしょう。。。

ですので自分のスキルアップの結果、会社の利益につながる。

スキルアップの目的の為に就職、転職するといった考えでいくのをオススメします。


話がソレまくってしまいましたが

技術職の就職活動についてですが


まずエントリーシート→履歴書での書類選考→面接

ここまでは一般的な就職活動と同じなんですが

アパレルの場合は

デザイナー職の場合は
デザイン画の提出

もしくは最近では売れそうなMAP作り

ですね。

ちなみに学生のデザインをパクッて商品にする会社もあります・・・・

まぁこればっかりはしょうがないです(>_<)

もしそんなことをされたら悪い噂をばらまいてやりましょう。


パタンナー職の場合は

パターンの実技試験か
あるいは自分で作った作品をパターンと一緒に持っていき見てもらう。

*デザイナー職でも作品持参の場合あり。


これが一般的な採用試験の流れだと思います。

会社にもよりますが

作品はある程度の基礎がしっかりした物を持っていかないと話にならないでしょう。

斬新なデザインの物と基礎も縫製もしっかりしたテーラードJKとなんかは

粗が目立つので上手く作れている物を持っていくと良いでしょうね。


まっとはいえ

最終的にはコミュニケーションスキルを見られることが多いようです。

自己主張しながらも話を合わせれる。

そんなスキルが必要です。

[ 2013/09/12 10:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/02/12 21:12 ] [ 編集 ]
> 春から上京して、パタンナーを目指して専門学校に通う〇〇です。
> このサイトの情報でとても勉強になりました!ありがとうございます!「アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。」ということは現在あなたは違う職業なのでしょうか?それと最近はブログのupをしていないみたいですが、もっとファッションの裏話聞きたらなと思います。


こんにちわ
返信が遅くなりましたね。
現在も会社勤めはしていませんがフリーでパタンナーやってますよ。
他の仕事も始めてしまったので完全なパタンナーというわけではないですが。
ブログの更新・・・
もう少し頑張ります(汗)
逆に言うと
何が聞きたいのか
書いてもらえるとコチラもブログが書きやすいかな?と思います。
[ 2014/04/01 19:15 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/07 21:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。