パタンナーになるには ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > パタンナーになるにはホーム > パタンナー > パタンナーになるには

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パタンナーになるには

パタンナーになるにはどうすればいいの??

意外にもこのタイトルの記事を書いていないことに気づきました(笑)
基本的に本職なのですがうっかりしてましたね。

今回はパタンナーになるにはどうすればいいのかを記事にしていきたいと
思います。
以前に書いたパタンナーとは?の記事ともかぶることもありそうですが
書いていきます。

まずパタンナーになるためには?

当然ながら洋服の知識とパターン技術が必要です。

昔はいたそうですが今では全くの未経験からパタンナー職で就職できるということは皆無じゃないかな?
と思います。中にそういう方がいらしたらごめんなさい(>_<)

余談ですがカットソーのパターンくらいなら素人のおじさんがたまに引いてたりするんですけどね(笑)
まぁぶっちゃけるとそんなパターンはさすがに大したパターンじゃないです(>_<)


パタンナーになるには服飾の専門学校か同等の勉強、知識を身につけることしかないと思います。
もちろん企業に入ってからプロの知識を身につけるといったこともありますがそれは
基本があっての話です。
最初からフリーのデザイナーというのは存在しますが最初からフリーのパタンナーというのは
ほぼ存在しないと言っても良いでしょう。


通常は企業に所属して数年でプロのスキルを身につけるというのが主流です。
個人的な話だといきなり就職したアパレル会社に先輩パタンナーがいなかったという
非常にマレな職場環境だったわけですが(笑)


よく学生の頃に身に付けた技術なんて大したことない!!
なんてアパレル業界、パタンナー職の方が言うんですが
自分はそうじゃないと思っています!!
もし本気でそんなこと思っている人がいるとしたらただの上から目線か
勘違い、本人が学生の頃遊んでて技術を身につけなかっただけの話です。

自分は学生の頃は人の2倍とは言いませんが1.5倍は勉強したと確実に思っています。
デザインスキルでは勝てない人もいるなぁ~なんて思ってましたが
パターンメーキングの技術だけは誰にも負けない!!
なんて思って勉強してましたから学生の頃は自分よりできる人はいませんでした。

まぁそうは言っても学生の頃は遊びも大事なんですけどね(笑)


現在他の仕事をしている方や一般の大学なんかに通っている人は
パタンナーの技術を身につけるにはどうしたらいいの?
パタンナーになるにはどうしたらいいの?と
思ってしまうでしょうが現在だと通信講座もありますしそちらで勉強してみるのも良いです。
自分は最初に受けた通信講座は挫折した人間なので偉そうなことは言えませんが(笑)


個人的にはパタンナーになるためのパターン技術の初歩を学ぶには対人での教育機関が
良いと思います。わからないことは人に聞くというのが初歩の段階では必要に
なってきます。パターンの技術って感覚の問題が大きかったりするので
なかなか文章のみだと伝わらなかったりもするんですよね。
今では働きながらでも週一からでも通える学校があるようなので
そちらも考えてみると良いかと思います。
パタンナーになるにはパターン技術だけでは無く洋服の知識
歴史、ビジネスの観点からの知識も身につけなくてはなりません。

週一から通える学校でおすすめはココです。
資料は無料で手に入ります
>>未経験からプロを目指すなら!《バンタンデザイン研究所》


追記ですが
パタンナーになるには実は対人コミュニケーション能力も必要かな?
と個人的には思っています。
なぜかというと企業に就職できたとして
パタンナーって実はアパレル企業の中で生産管理の役割を多少兼任したり
する場合もあるんです。
これは会社にもよります。

パタンナーの就職先としては
・パターンだけを専門に作成するパターン会社
・実際に洋服を企画生産するアパレル企業

の二つに分けられます。厳密に言うと縫製工場に勤めるパタンナーなんかもいるわけですが
ここでは置いておきます。

パターンだけを専門に作成する会社では対人コミュニケーション能力はさほど必要と
されないかもしれません。実際に外部とのコミュニケーションは
担当の人がやってくれたりする場合も多いようなので。
まぁこれも会社によるんでしょうけどね。

アパレル企業が就職先だとよほどの分業化されたきっちりしてるところじゃない限り
パタンナーの仕事というのは広くなってきます。
納品チェックや検品作業なんかも仕事の内容に含まれたりしますが
縫製工場とのやり取りが一番の対人コミュニケーションが必要な業務です。

これができないと正直ツライです。
まぁパタンナーさんの中にはホントに人としゃべるのが苦手な方も
多いんですけどね。
作業自体は孤独な作業が多いわけでしょうがないかな?なんて思ったりもするわけ
ですが個人的にはやはり
人と会話したり交渉したりするのが得意とまではいかなくても
ある程度は必要かなと思います!

結構縫製工場の社長とかって頑固オヤジが多いんですよね。
メチャクチャなことを言われて何回もケンカしたこともあります(笑)

その辺のやりとりもうまくいけるようにしていくのもスキルの一部ですね。

[ 2012/06/03 12:53 ] パタンナー | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/06/07 20:46 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/01/03 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。