ミシンの選び方と種類 ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > ミシンの選び方と種類ホーム > ミシン > ミシンの選び方と種類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミシンの選び方と種類

ミシンの種類について今回は書いていきたいと思います。
っというのも意外にも一般の方には知られていなかったりしますもんね。
これから新生活を送るのにミシンの購入を考えているという方もいらっしゃるでしょう。
ミシンの種類は細かく分けてしまうとたくさんの種類になってしまうんですが
代表的な物をあげていきたいと思います。

また洋服作りのプロを目指している方がこれから購入するべきミシンもこれでわかると思います。

*ちなみにミシンについての質問も受け付けますよ!!コメント欄にどうぞ。ただし全部のミシンを使ったことがあるわけもなく質問の内容によってはかなり推測が入ったものになるだろうことはご了承を(笑)
1 家庭用ミシン
定義としては1分間に800~1000回転という比較的遅い速度のミシン
直線縫いの他にはジグザグ縫いをするミシン、詩集縫い等の機能のついたミシンのことをいう。
値段は比較的安価ですがピンからキリまで。一般的な家庭での使用を目的とするならばこのタイプ。
物によってはジグザグ縫いの種類が非常に多いものもある。

2 工業用ミシン
1分間に3000~10000回転の高速縫いが可能なミシンです。
直線専用ミシンのことを言います。
長時間の使用目的で設計されているため縫製工場用という位置付けである。
また厚手生地の縫製も難なく行えることが特徴。サイズは大きくなってしまうので持ち運びには適さない。
*個人的には20番ステッチや厚手のデニム生地はこれでしかキレイに縫うことができないので気に入っていますw

3 職業用ミシン
1分間に1500回転までの家庭用ミシンの約1.5倍のスピードを実現したミシン。
直線専用のミシンです。
ちょうど家庭用ミシンと工業用ミシンの中間に位置するが縫製工場によってはこの職業用ミシンを使っている場合もあるようです。プロレベルのアトリエなんかでも使っていてほとんどの生地も難なく縫うことができる。
ただし20番の糸のような太めのステッチは適していないように個人的には思います。
30番ステッチまでならば難なく縫えます。
細かいところですがデニムの何重にも縫い代が重なる箇所(裾の内側等)を縫う時に少し大変な時もある。

4 ロックミシン
3本糸又は4本糸で布の端をほつれないようにかがるのが主目的なミシン。
洋服作りには欠かせないミシンです。かがり幅を細くすれば巻きロック等も可能。出来上がりはメローのような状態になる。
5 その他の特殊ミシン
縫製工場で主に使われているミシンで様々な物がある。
ボタンホール用の穴かがりミシン、ボタンつけミシン、ポケット縫い専用ミシン、かんぬき止めミシン、
非常に太いステッチ糸を縫えるミシン、布端のメロー処理ミシン、本格的な刺繍ミシン等が
これに当たる。
いずれも個人が容易に買えるものではありません。

ではプロまたはちゃんとした洋服を作りたい人はどのミシンがよいのか??
上記で代表的なミシンの種類をあげてみましたが
パタンナーやデザイナー等の洋服作りを勉強したい方、
縫製のスペシャリストになりたい。本格的な洋服を作ってみたい等といった方にはどのミシンがよいのか?
ですが
答えは職業用ミシンとロックミシンの2つです

ロックミシンは洋服作りにおいて欠かせません。ロックミシンに関しては家庭用の物でもかまいません。
メインの直線縫い用の物はやはり値段や縫うという品質のことを考えると職業用ミシンになります。

この2つさえあればほとんどの洋服をプロレベルの仕上がりで縫うことができます。
家庭用ミシンではスピードという点もですが直線縫いのキレイさでははっきり言って職業用ミシンには勝てません。
慣れてくると家庭用ミシンは非常に遅く感じます。熟練してくると職業用ミシンでもペダルを全開にして踏んでも遅く感じてしまうといったこともあるくらいなので。
じゃあ最初から工業用ミシンを買えば?と思うかもしれませんが値段が倍できかないことがあるのです。
持ち運びのことも考えると職業用ミシンがプロの第一歩として有効なのは間違いありません。


個人的なおすすめの具体的なミシンは
職業用ならコレです

>>ヌーベル450

ブラザーのミシンなんですが
多分自分で使ってるのがコレの古いバージョンです。
jukiに比べて同じ性能でも若干安いのもメリットがあるんです。
しかもネット特価ってこれはかなり安い!!!
ホントにです。自分が専門学生時代に買った時は定価から2万円くらい安い程度、多分12万以上はしました・・・・時代もあるのかもしれませんが多分かなり安い価格になってるとは思います。
その他の職業用ミシン一覧はこちら



次にロックミシンですがおすすめはコチラです
>>アーチザン630

ロックミシンには2本針4本ロック糸仕様と1本針3本ロック糸仕様のどちらかが現在主流です。
2本針4本ロック糸仕様のメリットは1本針3本ロックにも対応できるということです。
そしてカットソー素材、Tシャツ、ジャージ等のニット素材を縫えるということもあります。
作れる洋服の種類が増えていくと必要になってくると思います。

最初にロックミシンを買うのならば2本針4本ロックをおすすめします。
この紹介しているタイプならば便利なアタッチメントが多数付属しているので
かなり便利だと思います。アタッチメントの詳細はここでは省きますが持っていて損は無いものだと宣言できます。
その他のロックミシン一覧

[ 2012/03/10 16:32 ] ミシン | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。