バイヤーになるには? ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > バイヤーになるには?ホーム > バイヤー > バイヤーになるには?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バイヤーになるには?

バイヤーの仕事内容について前回は述べてきましたが今回はそのバイヤーになるには実際どうすればいいのか記事にしていきます。
バイヤーになるには?
実はこれ難しいのか簡単なのかイマイチ微妙な話なんです(笑)
結構運も左右されるかな?と個人的には思ったりします。

個人的にはデザイナーやパタンナーになる方が簡単かなとは思います。
・その理由としては絶対的なポストが少ない。
・そもそもバイヤー職で募集が少ない。
新卒でバイヤー職での募集している会社は大手くらいなものでしょう。

バイヤーになるには専門学校でバイヤー科を卒業したとかそんなことはほとんど関係無いような気がします。
私が知っているバイヤーさんはほとんど何となく(気付いたら)バイヤーになっていた人がほとんどですw
そのなり方というのがショップ店員からスタートして何となくバイヤーの仕事についてしまったりデザイナーやパタンナーをしていて転職でバイヤー職になってしまったりとか様々ですね。
ショップ店員からなるという方が比較的多いかな?と思います。

ショップ店員からですと商品知識は勉強次第ですがそのブランド(お店)のイメージや顧客に売れそうな物を把握しているというのが強みなのでしょう。
バイヤーを目指してる人はショップ店員で実績を残してからというのも手かもしれませんね。

前回の記事でも書いていきましたが
『バイヤーに特別な物作りの知識は要らない。売れる物を仕入れれば良いんでしょ?』
はちょっと通用しないかなっと思います。極論は売れる物を仕入れれば評価されるわけですが。

まぁ技術系の専門職の知識まではいかなくても勉強が必要ですね。洋服の構造、売り場背景、顧客志向、MD等様々な知識が必要とされます。
本職のバイヤーさんに怒られるかもしれませんが広く浅くの知識が必要かな??っと思います。
またバイヤーになるには運も必要と書いていきましたが
バイヤーになりたい人がなるにはやはり勉強しておくと確率が上がるのは言うまでもありません。

家でできる勉強と日々のショップリサーチ、売れる物、売れてる物、売れそうな物、売れそうな色や素材等を
常日頃アンテナを高くして注意深く考えていく必要があると思いますね。

週一から通えてバイヤーになるための知識を身につけたいなら
この学校がおすすめです
スクールの無料資料請求はこちらから
1年でプロを目指す学校《バンタンデザイン研究所》


[ 2011/10/31 20:10 ] バイヤー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。