バイヤーとは?バイヤーの仕事内容 ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > バイヤーとは?バイヤーの仕事内容ホーム > バイヤー > バイヤーとは?バイヤーの仕事内容

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バイヤーとは?バイヤーの仕事内容

今回はファッション業界におけるバイヤーとはどんな職業なのか?
実際にどんな仕事をするのかを記事にしていきます。
正直に言いまして私が通っていた服飾専門学校では学生時代にバイヤーを目指してるといった方は少なかったのが記憶にあります。
まぁ通っていたコースが技術系のコースだったせいもあるかもしれませんが。
バイヤーになるには特別な専門的な技術は必要無いかなと思っています。
要は売れる物を仕入れればいいわけですから。
とまぁ建前のようなことを言ってしまいましたが実はこれは半分ホントの話で半分間違ってもいるかな?とは個人的に思っております。
その訳を次のように述べていきます。

もちろんバイヤーといっても色々な会社で役割も個性も違ってきますからいろんな人がいていいわけですけどね。

まずみなさんがバイヤーと聞いて一番先に思い付くのが例えば日本であれば有名セレクトショップのインポート物を仕入れてくるのがバイヤー
ではないでしょうか??

これはもちろんウソじゃないですよね。個人経営のショップ等でもバイヤーさん(この場合は主に店主か)が海外や国内の展示会を回って買い付けに行ったり仕入れてくる。

このような感じですよね。
中にはそのような買い付けのみで商品を並べてるお店もあるのでしょうが
実はこのようなやり方ではお店の売り上げの大部分を占めるなんてことは出来ないのが現状かなと思います。
よほどの人気セレクトショップでは無い限りこのようなやり方は通用しないでしょう。

では買い付け以外に何をするのか?
ですが最近社内に企画の人間がいない会社が多くなっています。
安めのカジュアルのブランド等ではデザイナーのみとかデザイナーはいなくてバイヤーが商品仕入れを全て仕切っているというようなところも多いです。

当然安めのブランドですから海外のインポートものなんかは仕入れるはずも無いわけで
国内の展示会を回ってある程度仕入れてくるわけです。
ですがおそらくそれは魅せる為の商品のことが多いわけです。

実際にたくさん売る(主力の商品)為の商品はどうするか?


実はバイヤーさんがデザイナーのようなことをやって取引しているメーカーさんに作らせたりすることが多くなっています。メーカーの展示会であったものをネームを変えて作らせて仕入れたり素材変えで作ってもらったり、売れてる他のブランドの形をパクったり(笑)
様々な方法でメーカーに商品を作らせます。
はたしてこのような場合にバイヤーは専門的な技術系の知識は要らない!!と言い切れるのでしょうか?
答えは勉強すればいい話なんですが
元メーカーにいた私の意見としては物作りを知っているバイヤーさんと一緒に商品を作っていると面白いし作った商品に完成度が高くなり外れが少ない実感があります。

バイヤーさんにも物作りの知識が求められる。そんな時代になったのかなと思ってはいます。
もちろん知識は後からつけることもできますが営業上がりのオジさんバイヤーなんてのもいたりするもんですからそんな方は勉強する気が無いわけで厄介になりますよね(笑)

バイヤーになるにはどういった方法やスキルがいるのか今回は記事にしていきたいと思います。

[ 2011/10/30 17:06 ] バイヤー | TB(0) | CM(4)
はじめまして。
ファッションバイヤーについて知りたいので質問させてください。
高校生です。
バイヤーの仕事内容の記事を読ませてもらいましたが、バイヤーになるには4年生の大学を出ても大丈夫でしょうか。
専門的な技術系の知識を学ぶためには普通の大学では難しいですか。
あと、管理人さんがおっしゃる専門的な技術系の知識とはどのようなことですか。詳しく知りたいです。
知識不足ですみませんがよろしくお願いします。
[ 2012/02/07 00:41 ] [ 編集 ]
素敵ですね。高校生の頃からバイヤーって夢があるのって。
えーと質問の答えですが
4年生の大学を出ても平気だとは思います。ただしバイヤーは就職先あっての仕事なので大卒から直接バイヤー職を採用している会社は少ないようには思われます。記事にも書いたようにショップスタッフを経由してそこで専門的な知識やショップの構成、商品の季節的に売れるアイテムなんかの知識を蓄積していくと可能性はあります。ただしショップスタッフからバイヤーという道はある意味『運』です。残念ながら。。会社の事情や採用システムにもよりますからね。ですので普通の大学からでも可能だけど運も必要なので本当になりたかったら専門学校か女性の方なら文化女子大学とかの4年制大学の服飾科ってありますからそっちの方が可能性が高くなるという話です。
専門的な知識というのは上述の商品構成、アイテムの種類や名称、ディティールの名称等です。
できるだけ洋服の知識の幅を広げるという意味です。特にバイヤーさんなんかは悪く言うと『うんちく』が必要な時もあります(笑) あとは色やコーディネートの知識やセンスも大事ですね。
売れる商品の匂いを嗅ぎつけるというのは実際の実務を経ないと難しいかなとは思いますが。
[ 2012/02/12 16:10 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/08/16 12:28 ] [ 編集 ]
> お忙しいところ、失礼します。
> 私は〇〇大学2年生の〇〇と申します。
>
> 突然で申し訳ありませんが、私は現在大学の経営系ゼミの活動でアパレル業界についての調査を行っており、その過程で小売店のバイヤーのかたにいくつか質問させていただきたいことが出てきまして、今回メッセージをお送りさせていただいた次第です。
> さて、早速その質問なのですが、以下の3つがあります。
>
> 1.製品導入の際にどんな点を重視しているのか?(利益率、素材、広報費、顧客の反応、等)
>  また、それらをどう測るのか?
> (例えば、年間の広告掲載回数が4回以上、取扱い店舗数が全国で30店舗以上、など)
>
> 2.購買決定までのプロセスでは、どういう媒体を用いてメーカー情報を仕入れているか?(雑誌、繊研新聞の掲載広告、展示会、等)
>
> 3.繊研新聞や展示会等を利用するか?
> また、もし利用するなら具体的な利用方法はどのようなものか?(参考程度なのか、等)
>
> 上記の質問とお答えいただいたことはゼミ内での発表で用いる予定です。これらの質問について、お忙しい中大変申し訳ないのですが、お時間やご都合の許す限りで構いませんので、どうかお答えいただけるようお願いいたします。
> 最後まで読んでいただきありがとうございました。お返事お待ちしております。

----------------------------------------------------
ファッション裏話ブログ管理人です。

ブログにログインしていなくてすっかり遅くなってしまいました(>_<)
すみません。
もう質問の返答が意味の無い物になっているかもしれませんが一応わかる範囲でお答えします。
自分自身がバイヤー職にいたことは無いので取引をしている上で相手のバイヤーさんの頭の中をあくまで想像したものです。
1、一番重視するものはやはり売れる物だと思いますよ。この辺はそれぞれのバイヤーさんの立場や会社としての姿勢によっても変わってきますが一番は売れる物、売れそうな匂いのする商品です。
あとは魅せる商品というものもある一定の割合で必要になってきます。
売れる物だけだとお店の見た目が魅力的じゃなくなってきます。
オシャレな物=売れる物とも限らないのが現実の世界です。悲しいかな・・・・
世の中は保守的です。ですがお店に華やかさや彩は欲しいものですよね。
ですから1点だけとかデザイン物や1色差し色として鮮やかな色の商品を入れることもあります。
これは顧客の良い反応を望むという意味も兼ねているかもしれませんね。
仕入れ先の取り扱い店舗に関しては場合によります。取り扱いが少なすぎるメーカーさんはあまり信用されない
という方もいるでしょうし、多過ぎると例えば同じファッションビルで自社ショップの商品と違う店舗で同じ商品がかぶってしまうことがあります。その辺は嫌がるバイヤーさんは多いです。
利益率に関してはある程度バイヤー側が何%~何%までという範囲で動いていきますのでその範疇を超えると取引しないというのが普通でしょう。例外はあると思いますが。

2 繊研新聞の展示会もついこの間Pluginというのが開催されていました。
自分も足を運びましたが数多くのバイヤーさんが都内を含め地方からもやってきてましたよ。
また、ある程度名が知れている販売店ですとメーカーの営業が来ることも多いです。そこから商売につながっていくことも多いかなという感想です。あとは狭い業界ですので人のつながりとかも多いですね。
またはどこかで販売している商品にバイヤーさんの目が止まり直接バイヤーさんからメーカーに電話が来ることもあったりします。まぁ都内ですと展示会はいたるところで開催していますので新規の取引という面では試しに
何枚かつけてみるというパターンが多いのかな?とは思います。

3
重複してしまう答えでしょうが
利用するでしょう。繊研新聞に関しては結構ヤラセのネタが多いので(笑)
業界関係者はみんな知ってますよ。お金払って記事書いてもらったりというのもあるようです(噂ですがw)
多分本当ですw
まーそれでも参考程度にはなると思いますしまともな業界紙が他にあまり無かったりもするので利用すると
思いますよ。っというか目は通していますね。展示会情報も載っていますし情報集めには活用しているんじゃないでしょうか?
ただし売れている情報なんかはちょっといい加減な物もあります・・・・
まぁこの辺はどれがいい加減なのかは説明しずらいところはありますが。

遅くなりましたがこんな感じです。
個人情報のところは〇〇にしています。
[ 2012/10/28 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。