生産管理の仕事とは ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 生産管理の仕事とはホーム > 生産管理 > 生産管理の仕事とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生産管理の仕事とは

生産管理というお仕事について今回は簡単に説明していきたいと思います。

生産管理とはアパレル以外でもたまに聞いたりする言葉ですよね。
アパレルで言うところの生産管理とはその名の通り『生産を管理する』(笑)
でもホントにこうなんですよねw
もちろん会社によっても仕事の範囲が多少異なってくるのですが
一般的には商品がきちんと仕上がってくるようにする+工場との納期管理ですね。
更に細かく言うと実際に使う生地や付属を調達したりそれを工場に送るように手配、発注する洋服の枚数で納期通りに上がってくるように調整したりします。

実は糸関係の業界はハプニングだらけです。
オーダーしていた生地に工場で縫う直前に不良が見つかってしまったり生地自体が納期に間に合うように上がってこなかったり結構胃が痛くなる職種だと思います。
海外生産を行ったりしていると国内だけで作ってるよりこのハプニングのリスクが数倍に上がります(笑)

他にも原価を実際に計算したり設定上代にハマるように生産をするというのは地味に思えますが大変で非常に重要な立場になります。
納期通りに上げるという当然のことも油断しているとままならなかったりもします。

人によって結構仕事の差が出てくる職種でもあります。
性格は細かく物事を考えて組み立てられガツンと相手に言える人が向いてる?と思いますw
工場で本生産をする際には先上げといってセカンドサンプルのようなものが先に上がってきます。

その先上げを見てチェックしたりもできないとなりませんから洋服の構造や時には縫い方なんかもある程度知ってなければいけません。
もっとも先上げチェックなんかを中心におこなうのは一般的にパタンナーの仕事ですのであくまで全般的なことになります。
この生産管理ですが会社によってはパタンナーが兼任しているところもあります。
ワタシもやっておりました。
メインの生産管理というわけではありませんでしたが臨機応変に対応できるようにはしてましたので大変さはよくわかっているつもりです。
特に海外生産をする時にトラブルが続出します。
信じられないようなトラブルが起きてしまうのもアパレルの特徴ですね。
製品が上がってきたら何故か色が違ったとかサンプルと生地が違ってた等も体験しましたし知り合いの生産管理の方に聞いても皆同じようなことをおっしゃいますね。

技術屋ではないので生産管理をするスキルというのは特別何かが高くなくてはいけない!
ということではありませんがやはり洋服の知識はある程度持っていると仕事を覚えるのが早いでしょう。

小さいアパレルの社長さんなんかは生産管理出身の方が多かったりもするんですよ。
細かく全体的に生産をチェックしたり原価計算、スケジュール管理や他業種への指示等
社長のスキルとかぶるところが多いからかもしれませんね。
[ 2011/10/05 14:31 ] 生産管理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。