パタンナーの給料|年収は!? ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > パタンナーの給料|年収は!?ホーム > パタンナー > パタンナーの給料|年収は!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パタンナーの給料|年収は!?

パタンナー給料年収は!?
っと題して今回は書いていきたいと思います。

この話題って業界人以外の方が興味があるみたいですね(笑)

この記事を見てくださってる方にパタンナーになろうか進路を迷っている方がいらっしゃったら申し訳ないのですが(笑)
一般的に言って給料は
安いです(笑)

おそらく”良くて”月給で年齢分稼げればというところでしょう。
ボーナスなんかは会社の利益で左右されますから微妙です。
なぜかアパレル業界って他の業界に比べてボーナスが出る出ないってその年によって会社側が決めてしまうところがあります。

確かに本来ならばボーナスと言うのはその年の(正確には半期前)の利益に対する対価なのかなという感じなので間違ってはいないと思いますが他の業界ではボーナス分も計算に入れて給与額を決めているでしょう(一般的に)

おそらくアパレル業界が昔の言い方で言うといわゆる『水もの』産業だということなんだと思います。
調子の良かった会社(ブランド)が次の年ガクっと売上が落ちてしまうのは日常茶飯事ですからね。

話はそれてしまいましたが
給与が低いというのはパタンナー職に限っての話ではなくアパレル業界全体に言えることなのですが…
アパレル業界の中の職種と比べたら普通くらいだと思いますよ。

特に新卒の方だったりまだ経験の浅い方は技術職ですからお給料がそんなに出ないのは当然とも言えますね。
今は厳しくなってきておりますがアパレルの技術職、パタンナー職は特に転職が盛んです。転職要件として実務経験3年以上というのが一般的ですので
3年経ってやっと一人前?といった解釈のようです。

以前は転職の度に年収を上げていくというのがいわばステータスの一部だったようです。(厳しくはなっていますが今もその流れは残っています。)
厳しくなっているというのはファッションですからやはりある程度の年齢になると転職が難しくなっていくのが他の業種よりも若干早いのかな?という印象はあります。
経験6年〜10年くらいの30前後の方はどこのアパレル企業も採用したいと思いますよ。
ちょうど経験と若さのバランスが良いんでしょうね
まぁこうは言いましたが技術職ですので結局は『腕』の問題が一番だと思います。あとはコミニケーション能力ですね。
給料面では一般的にある一定以上は稼げないと考えて間違いないとは思います。よほど景気の良い会社だと別なんでしょうが洋服屋は水モノなので調子が良いブランドも次の年に調子が良いとは限りません。
その点からも給料UPを望むのであればリスクはありますが
比較的容易に独立することもできます。
会社員時代に築いた人脈なんかもモノをいうのでその辺も頭に入れつつ選択肢の一つとして考えてみても良いかもしれませんね。
[ 2011/10/02 18:21 ] パタンナー | TB(0) | CM(2)
私はパタンナー19年やっていますが、今回で2度目の解雇です。しかも会社に一人しかいないパタンナーの私を解雇。儲かった6千万は子どもの学費に当てたとかでボーナスもいつからか急に出なくなりました。

給料なんて安いもの年月働いても18万です。年齢制限には満たないし、手引きだからキャドは使えないとなると応募も出来ない。

有名ブランドを多数こなしてきましたがキャリアなど有っても意味がない。求人がない。
[ 2012/02/24 23:44 ] [ 編集 ]
19年ですか! 私なんかよりも大先輩です。
会社に1人しかいないパタンナーを解雇ってのもすごい話ですね。まぁ確かにそういう会社も今多いですもんね(>_<) メンズの会社なんかは特に多いですよね。洋服が売れるようになってくれないとパタンナーの給料や雇用状況は絶対に良くならないですが売れる気配が全く無いというこのご時世・・・・(>_<)
困ったものです。。
[ 2012/03/10 11:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。