現役パタンナーがおすすめするパターンメーキング専門書(本) 入門編 ファッション裏話ブログ

元デザイナー、パタンナーの書くファッション業界、洋服の裏話。ちょっとこだわりのある話を書いていきます。

ホーム > スポンサー広告 > 現役パタンナーがおすすめするパターンメーキング専門書(本) 入門編ホーム > パターンメーキング専門書 > 現役パタンナーがおすすめするパターンメーキング専門書(本) 入門編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

現役パタンナーがおすすめするパターンメーキング専門書(本) 入門編

現役パタンナーの私がおすすめするパターンメーキングの専門書(本)を
今回は紹介していきたいと思います。
入門編と言いましても
その辺の本屋さんに売ってる簡単ソーイングとか型紙付き簡単パターンメーキングとかそういった類の物の
紹介では無いことを最初に申し上げておきます。

今回ご紹介する本はあくまでパターンメーキングを真剣に勉強したい方、パタンナーになりたい方、プロ(並)レベルのスキルを身につけたい方
製品として売っているものと同程度のクオリティのある洋服を作りたい方
等が最初に勉強できれば良い本かなと思う本です。
とは言いつつパターンメーキングや縫い方をイチから勉強したいという初心者の方でも安心して取り組める
内容かなっとは思います。



まず一つ目
これは服飾の専門学校生ならかなりの数の方が目にしたことがある教科書です。




東京の文化服装学院と同系列の文化出版局から出ている教科書なのですが
全国に100?ある文化服装学院の連鎖校でも全てでこの教科書が使われているはずですね。

シリーズとしては
色々種類があるんですが全体的に
かなり基本から忠実にそこそこ専門性もある教科書群かな?という印象です。

2000年頃に文化式の原型がリニューアルされたのと同時期に教科書を全く違う物に一新したので
教科書に載ってる作図例もそんなには(比較的)古いパターンになってないのが印象です。

まぁそのまま作れば微妙なパターンになってしまうのはどの本でも同じなのですが・・・・(笑)
でも基本の引き方や考え方、型紙の操作や展開の仕方等は現在のパターンメーキングに近い感じかな?と思います。

基礎編の服飾造形の基礎は縫い方もわからない全くの初心者と文化原型の作り方を知らない方以外は必要無いかな!?
とは思います。
正確な縫い方の基礎、ボタン付けの正しい方法、手縫いのまつり縫いの種類と方法
基本的な服飾用語、原型の引き方、体型による原型の補正方法等が詳しく載っています。

以下の本は
自分の引きたい服種の本から読んで実践すれば良いとは思いますが
初心者の方がジャケットやコートの前に服飾造形の基礎→ブラウス・ワンピース→ジャケット→コートの
順に実践していくことをおすすめします。
スカート・パンツに関してはあまり他の服種と関係ありませんがやはりスカートは洋服のパターンの中では
一番簡単とされているのでできれば順番にやっていった方が良いかもしれません。
全ての本で具体的な洋服のバリエーションの製図見本というか引き方、縫い方も
ちゃんと載っています。
部分的なディティールのパターンの引き方、縫い方もそれぞれ載っています。
衿や袖、ポケットのバリエーション、ファスナー付けの方法とかもですね。


> 一番始めに紹介された本はの詳しい内容を教えていただけませんか?
> 私の夢はデザイナーです。
> まだ高校生なので、自分でデザインした服を自分で作りたい!と思いました!
> 裏地?や、切ったところのぬいかたなど、
> まだなんにもわからないことだらけなんですが、
> スカートやジャケットなど一冊づつ購入したほうがいいんでしょうか?
> それとも一冊目で紹介された本で大体のことがわかるのでしょうか?
> 長々とすいません。
> できれば返信早めにお願いします。

返信遅くなりました。

物には順序があります。

デザイナーを志すくらいのレベルならば
すぐに作れる簡単ソーイングなんて本はやめておいた方が良いかな?という印象です。

最初に紹介している本は
基本の基本からです。

おおまかな流れと必要な用具、服飾全般の基礎的なことが書かれています。

技術的な内容としては服作りの基本となる

『原型』について詳しく書かれている本です。

まず原型が無いと他のジャケット等の服種が作れません。

また体型によっての補正等の仕方も書いています。(いかり肩、なで肩等の)

何も知らない状態でしたら
まずは1冊目のを購入。

その後はブラウスワンピースの本かパンツ、スカートの本の購入どちらかをオススメします。

*いきなりジャケットの製作はさすがに無理があるため。

その後はどの順番でも良いと思いますよ。

結局は全て学ばないといけないですけどね。
[ 2013/08/11 09:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ファッション業界を目指すなら
社会人も入学可能
無料資料請求はコチラ

バンタンデザイン研究所
無料でネットショップ開設
プロフィール

ファッション裏話ブログ

Author:ファッション裏話ブログ
アパレル業界でデザイナーとパタンナーとして働いてました。ファッション業界と洋服そのものの裏話をどんどん記事にしていきます。

お探しのミシンはココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。